さらにタクシー関係なくなってると思うよ [TAXi③]

2003年 フランス

あらすじ

 まもなくクリスマス。

 エミリアンは夏に現れたサンタ強盗団の逮捕のことで頭がいっぱいで、妻のペトラが妊娠したことにも気づかず、彼女からその事実を告げられたときには既に8ヶ月目になっていた。

 一方のダニエルは愛車の整備で頭がいっぱいで、こちらもリリーが妊娠したことに気づかず愛想を尽かされた。

 サンタ強盗団の逮捕に全力をあげるジベール署長のところへ、雑誌の記者を名乗る中国人女性タウが密着取材を申し込んできた。署長は妖艶な中国美女に鼻の下を伸ばしていたが、実はタウはサンタ強盗団のリーダーだった。まんまと警察内部に入り込んだタウに警察の動きは筒抜けだった。

 夜の駐車場でエミリアンが子供ができたら仕事に打ち込めないとダニエルに愚痴っていると、サンタの格好をした怪しげな男がバイクに乗って走り去った。ダニエル達が尾行すると、そのバイクの行先はサンタ強盗団のアジトだった。

 ダニエルは応援を呼ぶべきだと忠告したが、功をあせるエミリアンは偵察を続け、強盗団に捕まってしまった。

 その頃署長は、水道局に勤める弟から「不審なトンネルが掘られている」との情報を得て、サンタ強盗団の次のターゲットの絞り込みに成功した。署長の推理は当たっていたが、タウによって情報が漏れ、まんまと包囲網を突破されてしまった。

 現場から密かに走り去るタウを尾行したダニエルは、始末されそうになっていたエミリアンを危機一髪で救出した。

 そして二人は、サンタ強盗団の車の痕跡から一味が山を越えてスイスに逃亡しようとしていると推理し、雪山に向かった。

 ダニエルのタクシーは雪山を越えることができるのだろうか。

 そして、ダニエルとリリー、エミリアンとペトラの将来は!?

感想

  TAXiシリーズ第3作です。

 冒頭、スタローンがカメオ出演していますが、本編には全く無関係です。

 第2作でタクシーが関係なくなったこのシリーズ、どうやら第3作ではカーチェイス路線も辞めたようで、ダニエルとエミリアンの人生を描くことにしたようです。そういう風に見れば、まあ微笑ましく鑑賞できる余地がありますが、実際のところは支離滅裂なシナリオと言わざるを得ません。私は登場人物が好きなので、それでも楽しめますが。

 ダニエルの愛車も第2作で翼が出て空を飛ぶまでは、まだ現実味があった(笑)のですが、本作では雪上車に変形します。しかし機構上無理がありすぎです。

 それにしてもこのシリーズはワイルド・スピードシリーズと設定が被っている(空飛んだり、雪山走ったり)のですが、こちらの方が先に制作されているんですよね。つまりワイルド・スピードシリーズはこのシリーズのインスパイア系ということに?(笑)

 前作と変わらず、漫画を読む感覚で気楽に観るにはいい作品だと思います。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

1件のコメント

  1. お世話になります。
    点数とクチコミで探せるランキングサイト「ブロガイド」運営チームです。
    https://bloguide.net/
    従来のアクセス数という「数」ではない、読み手のレビューという「質」によって、ブログの本当の価値を見える化する、という目的で「ブロガイド」を立ち上げました。
    この度、あなた様のブログを当サイトに掲載させていただくため、ご連絡した次第です。   
    https://bloguide.net/blog/58704
    掲載に問題があれば、削除させていただきますので、ご連絡ください。
    ブログ文化を盛り上げていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。
    ブロガイド運営チーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする