超ハイセンスロードムービー、なのか? [レニングラード・カウボーイズ モーゼに会う]

1994年 フィンランド、ドイツ、フランス

あらすじ

 前作から5年後。

ウラジミールがメキシコの砂漠に消えた後、バンドは意外にも人気者になりメキシコのトップ10に入るほど成功した。しかし、それも束の間、酒に溺れて1年も経たないうちにすっかり落ちぶれてしまっていた。そこに不意にニューヨークのホテルから仕事の依頼が舞い込んできた。メンバーは意気込んで乗り込むが、肝心の楽器が殆ど残っていない。かろうじて残っていたミニギターやタンバリンなどで乗り切ろうとするが、当然うまくいくはずがなく、客はドン引き。

落ち込むメンバーの前に、行方をくらませていた悪徳マネージャーのウラジミールが現れる。彼の言によれば、砂漠で神の啓示を受け、悪しきウラジミールは死に今はモーゼとして蘇ったのだという。

 自称モーゼのウラジミールは、大西洋を航海してヨーロッパ大陸に渡り故郷のレニングラードに帰るようメンバーに命じる。メンバーは、言われるがまま船代わりにあてがわれた鉄の箱に乗り込み、指定された合流地点に向けて出航する。

 どうやってメンバーが単なる鉄の箱で無事大西洋を横断できたのかは不明だが、とにかく無事フランスへ到着する。そして、そこへ迎えにきたレニングラードカウボーイズの新メンバー達とともに、小型バスに乗って故郷ロシアの地へ向かうのだった。

感想

 レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカの続編。

 前作以上にハイセンスな内容になっていて、ほとんどの人は理解できないと思う。あらすじもうまくまとめられなかった(ので、かなり端折った)。ジャンルとしては引き続きロードムービーかと。前作がアメリカ大陸縦断編だとすれば、今作はヨーロッパ横断編だ。個人的には特にお勧めはしないが、第1作と今作とでニコイチな感じなので、前作を楽しんだ方は観なければならない、という作品だ。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

2件のフィードバック

  1. こんにちは、
    これは2作とも観ましたが、いつものカウリスマキ作品とは違っていて、どうも入り込めませんでした。
    ほとんど忘れていますが、2作目のほうが面白かった記憶があります。理解ではなく感じる映画だったのかもしれませんね。

  2. こんにちは。
    確かに「感じる」映画ですね。映画でも本でも、筋書きで魅せるもの、雰囲気で魅せるものがありますが、この作品は間違いなく後者ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする