不確かだけど始まる予感 [希望の灯り]

2018年 ドイツ

あらすじ

 クリスティアンは、ろくでもない連中とつるんで刑務所送りになった。出所した彼は、そんな過去と決別するために大型スーパーマーケットで働くことにした。配属先の飲料部門で仕事を教えてくれることになったのはブルーノという年配の男だった。その店は、かつて東ドイツのトラック輸送人民会社だったが、再統一後に企業買収されて商業施設に様変わりしたという経緯があった。ブルーノやそこで働く年配の社員の多くは、かつてはその人民公社の長距離トラックの運転手だった。

 クリスティアンは慣れない仕事に戸惑うが、楽しみもあった。職場の同僚のマリオンに一目惚れしたのだ。問題は彼女が人妻ということだった。

 ブルーノの手解きでフォークリフトの運転を練習するが、なかなか上達しなかった。それでもブルーノは見捨てることなく指導してくれた。やがて、練習の甲斐あってフォークリフトの免許試験に合格した。ブルーノだけでなく皆んなが祝ってくれた。

 クリスマスがやってきた。閉店後の同僚とのささやかなパーティーの場で、初めてマリオンとゆっくりと言葉を交わすことができた。クリスティアンの胸は高鳴った。

 1月に入り、万事順調だったクリスティアンの耳によくない知らせが入ってきた。マリオンが夫の暴力に悩み仕事を休んでいるというのだ。このままマリオンが退職してしまい、二度と会えなくなるかもしれないと思うと、仕事も手につかなくなった。

 そんなある日の夜、仕事帰りにブルーノが自宅へ招待してくれた。ブルーノは妻と一緒に暮らしていると話していたが、なぜか室内は散らかり荒んでいた。酒を飲みながら、クリスティアンはブルーノからマリオンがまもなく復職することを明かされた。そして、彼女を支えてやってくれと頼まれた。

クリックするとラストが表示されます(ネタバレ注意!)
 次の日、ブルーノは職場に現れなかった。誰にも心中を打ち明けることなく首吊り自殺したのだ。誰も知らなかったが彼の元にすでに妻はいなかった。職場での姿から、彼が虚無感に苛まれ人生に絶望していたとは誰も想像できなかった。
 ブルーノの後任者には、彼が推していたクリスティアンが選ばれた。飲料部門の責任者になったクリスティアンの人生は新しいステージに入った。その傍らにはマリオンがいた。

感想

 日本で言えばコストコの倉庫店のような大型販売店が舞台です。「合理主義」を追求した飾り気がない殺風景な店内で働いているのは、ロボットのように働かされるなど御免だと言わんばかりに、賞味期限切れの商品を頬張り、仕事中にチェスを興じるマイペースな人々です。この辺の大らかさは旧東ドイツ時代の名残りなのでしょうか。

 過去の過ちを反省し真っ当な人生を歩み始めようとするクリスティアン、そして若者の更生を静かに支えるブルーノの2人の姿が心に沁みます。

クリックするとラストに触れた感想が表示されます(ネタバレ注意!)
 最後にブルーノが自殺をするというラストを迎えますが、彼もまた東西ドイツの再統一という歴史的出来事で人生を狂わされた一人でした。好きだった長距離トラックの運転手から一転、大型販売店の中をフォークリフトで往復する在庫管理の仕事になったことで働きがいを失い、やがて妻も失い、最後に人生の目的も失ってしまったのでしょう。彼はこの世に未練があったのだろうか、それとも未練がなくなったから自死したのだろうか、そんなことを思う作品でした。

 主人公のクリスティアンよりも、ブルーノが妙に心に残る作品です。少し地味ながら異国の日常風景を感じられる良作です。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする