市場もの?が好きな人におすすめ [7BOX]

2012年 パラグアイ

あらすじ

 2005年パラグアイのメルカル・クアルド市場が舞台。

 テレビタレントを夢見る少年ビクトルは市場で荷車で荷物の配達を請負う配達屋として働いていた。ある日、精肉店の店員のグスから7つの箱を運ぶよう仕事を依頼された。普段その店ではネルソンという男が請け負っていたのだが、その日たまたま遅刻したためにビクトルが指名されたのだった。

 一足遅く店にやってきたネルソンはビクトルに仕事を横取りされたことに腹を立てた。腹を立てたのは彼だけでなかった。グスの雇い主であるダリオもまた、信用できるかどうかわからない配達屋に大事な荷を託したグスに腹を立てた。ダリオの命令でビクトルから荷を奪い返そうと追跡していたネルソンは、ビクトルが警官に尋問されているのを見て、荷が警察に押収されたと思い込み店に戻ってダリオに報告した。それを聞いたダリオとその場に居合わせた依頼主は激しく動揺した。依頼主は25万ドルもの現金を荷車で運ばせたのかとダリルに詰め寄った。その会話を聞いて荷の中身が大金だと知りそれを強奪しようと企んだネルソンは、その場をそっと離れると仲間を募ってビクトルの追跡を始めた。

 その頃、警官に呼び止められていたビクトルは箱の中身を詮索されることなく解放されていた。箱の中が気になりこっそりと中を見ると、そこに入っていたのは女性のバラバラ死体だった。

 話の全貌が徐々に明らかになった。依頼主とダリルはホルヘという男と結託し、ホルヘの妻の親から身代金を引き出すためにホルヘの妻の偽装誘拐を計画していた。しかしダリルの部下の不手際で彼女は事故死してしまった。さらに依頼主とダリルの行き違いで、金を運ばせるはずがその不運な女性の遺体を運ばせてしまったのだ。

 ネルソンの追跡から必死に逃れるビクトルだったが最後に捕まってしまった。さて、ビクトルの運命は。

感想

  珍しいパラグアイの作品です。市場の雑踏を舞台にした作品はアジア系の映画でよくありますが、それらと似た雰囲気です。ストーリーは、ビクトル視点、ダリオ視点そしてあらすじでは触れていないがビクトルの姉のタマラ視点が交互に描かれ展開していくという、なかなか凝った作りになっています。なぜビクトルを追跡するネルソン達が皆荷車を押して移動しているのか意味不明(商売道具とはいえ、荷車は追跡に邪魔だと思う)ですが、パラグアイの風俗を垣間見ることができるという点で鑑賞する価値がある作品です。

律儀に荷車を押しながら追跡するネルソンとその仲間

 なお、この作品では携帯電話が高嶺の花のように描かれていますが、作品の制作年が2005年だということをお忘れなく(最近は急速に普及率が上がってきているようです)。

 2021年のメルカル・クアルド(第4市場)です。アスンシオン市により、場内のアスファルト化や歩道の整備など改善が進められているとのことです(アスンシオン市サイト)。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする