信ぜよ、されど救わない…… [パラダイス:神]

2012 オーストリア

あらすじ

 アンナ・マリアは放射線検査技師として働き、信仰深いカトリック教徒として慎ましい生活を送る熟年女性だ。

 毎日、自宅に掲げたキリスト像への祈りと聖歌の練習を欠かさなかったし、夏休み中は毎日移民が住むアパート等を訪問し布教活動に勤しんだ。

 そんなある日、布教活動を終えて帰宅すると、下半身不随の男が家にいた。彼の名はナビルといいアンナの夫だった。2年前に家を出ていったのに身勝手にも舞い戻ってきたのだ。

 ナビルはアンナとヨリを戻したがるが、アンナにはそんな気は毛頭なかった。とはいえ追い出すわけにもいかず、仕方無しにナビルに食事を作ったり、風呂に入れてやったり身の回りの世話をした。しかしナビルは世話をしてくれることを感謝するどころか、妻として当然の義務だと強弁し、さらにはアンナが信仰するカトリックの教えを頭ごなしに否定するのだった。

 ナビルのせいで平穏な生活をかみ乱されたアンナは、最初のうちは神の与えた試練と耐えていたが、最後には、なぜこの様な罰を与えるのかと罵りながら、毎日祈りを捧げていたキリスト像を鞭打つのだった。

パラダイス3部作の第2作です。

(第1作「愛」は本作の主人公の妹テレサ。第3作「希望」の主人公はテレサの娘メリです。)

 平穏な生活を送り、そのことを神の御加護と感謝していた女性が、結婚という契約の縛りが原因で夫の犠牲にされてしまう。そんな自分を神は救ってくれない、それどころか神の教えからナビルを見捨てるわけにはいかないという信仰の縛りにも悩まされるというシニカルな悲劇です。ナビルが戻ってきてから数日間の間に起きてからの出来事しか描かれていませんが、これがどちらかの寿命が尽きるまで少なくとも十数年続くのかと思うと、アンナのその後を心配せずにはいられません。

 「善人」というレッテルは、自分で貼ったものにせよ他人から勝手に貼られたものにせよ重いものだなとつくづく感じました。私は気楽に行きたいので善人枠は遠慮しようと思います。

 第1作に続き、この作品も音楽無しで淡々と描かれています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする