ママ大好き。僕の命よりも大切な。 [ルイの9番目の人生]

2016年 イギリス・カナダ・アメリカ

あらすじ

 9歳の少年ルイ・ドラッグスは原因不明の事故で8回も死にかけた”事故多発少年”だった。

 最初の事故は出産の時。

 2回目は生後16週間後。天井のシーリングライトが落ちてきた。

 その後も様々な事故が。食中毒になることも年中だった。

 母のナタリーは「猫には9回人生がある。あなたが猫ならもう8回使っている、もう使わないで」とルイを抱きしめた。

 そして両親と9歳の誕生日を祝うために海辺の渓谷にピクニックに行ったときに崖から転落してしまい昏睡状態に陥ってしまった。それがルイの9回目の人生の始まりだった。その日はルイの誕生日を祝うために、別居中の夫のピーターも一緒にピクニックに来ていたが、事故後消息をくらませたことから、ピーターに容疑がかけられた。

 小児昏睡の専門医であるパスカルがルイを担当することになった。パスカルは、愛する我が子の不運を嘆くナタリーを慰めているうちに、いつしか彼女の美貌に心を奪われ、越えてはいけない一線を越えてしまった。

 容疑者のピーターの消息を追っていた警察は、事故現場付近の洞窟内で彼の死体を発見した。つまりルイの事故はピーターの仕業ではなかったのだ。パスカルは真相を明らかにするには、ルイから聞き出すしかないと考えた。彼は以前ルイを診察していた精神科医ペレーズに協力してもらい、催眠状態の自分を媒介して、ルイから真相を聞き出してもらうことにした。パスカルを通じてルイが語り始めた真実は衝撃的なものであった。

クリックするとラストが表示されます(ネタバレ注意!)
 あの日のことが明らかにされていった。
 ナタリーがルイに食べさせようとしたキャンディを、ピーターが欲しがるとなぜか彼女が激昂し始めた。
 ナタリーがキャンディに何か入れたと察したピーターがナタリーを責めた。ルイが崖のほうに逃げると、追ってきた2人が揉み合いになり、ナタリーがピーターを崖から突き落とした。ペレーラの「事故かそうでなかったのか」という問いかけに、ルイはどちらとも言えると答えた。
 その後どうしたのか尋ねられたルイは「いつもの通りナタリーの希望を叶えた」と答えた。ルイは自発的に崖から落ちたのだ。
 ルイの心拍が停止した。催眠から覚めたパスカルが蘇生を試みた。
 ルイはいつもナタリーによって災難に合わされていたのだ。彼の障害は全てナタリーによる虐待だったのだ。
 
 ナタリーはペレーズの病院に入院措置が取られた。彼女の病名は代理性ミュンヒハウゼン症候群だった。近親者を傷つけることで同情をかおうとするのだ。ルイは成長とともに、自主的に彼女の希望にあうよう行動していた。

 ルイは変わらず昏睡状態だった。ルイはその日々を楽しんでいた。生まれて初めて不安にも怪我にも悩まされずにいられるからだ。そして何日か後に彼は覚醒した。

感想

 よい意味でジャンル分けしにくい作品です。ルイが主役だと思って観ていると、最後に実はナタリーの話なのだということが分かります。ルイは彼女の物語の可哀想な脇役だったです。そしてラストの瞬間に、彼はようやく自分が主役の人生を歩み始めます。彼は多分、ナタリーと離れて生きる方が幸せになれるでしょう。しかし、彼がそれを選ぶのかは分かりません。親子の絆とは損得だけでは割り切れないものですから。

 ちょっと変わった映画を観たい方には特にお勧めです。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする