ぼっちギター入門2 [必要なもの その1 機材]

「ぼっちギター」とは、バンドをやったり仲間とセッションを楽しんだりするあてもなく、ただ一人ぼっちでギターの演奏を楽しむことを言う。

ぼっちギターに必要なもの その1 機材

 当たり前ですが機材がないと話は始まりません。当面必要なものとしては、

  ギター

  ピック

  チューナー

  アンプ

といったところです。通販などで初心者セットも販売されていますが、個人的にはあまりお勧めしません。1番の理由は

  うまく弾けないのを楽器のせいにしがちだから

です。特にギター。もし周りに上手な人がいれば、あなたのギターでもきちんと演奏できることを証明してくれますが、ぼっちギターの場合はそうもいきません。

  うまく弾けないのはギターのせいではなく自分のせいだと現実を受け入れること

がとても大切です。

とはいっても必ずしも高価なギターが必要というわけではありません。初心者向けとしてよく紹介されるYAMAHAのPACIFICAの安いモデルでも十分です(なお私の場合は、FenderUSAもPACIFICAも同じようによく感じます。初心者的にはそんなものです)。

 なお私の場合は、20年くらい前に買った初心者セットについてきたAriaProIIが最初のギターでしたが「うまく弾けないのは安物のせい」と決めつけFenderUSAのストラトを購入。しかし「コードを押さえられないのはネックが太いせい」と決めつけYAMAHA PACIFICAを購入するという見事なまでの迷走ぶりでした。ようやく達した結論は

  うまくいかないのはギターのせいではなく自分のせい

ということです。ちなみに今もAriaProII以外は気分に応じて日々の練習で使っています。

  下の2つの記事はギターに関するものです。ぜひご覧ください。

 下の記事はピックに関するものです。ぜひご覧ください。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする