ギターレッスンリポート (3年間、独学でギターを練習した結果)

 昨年のリポートです。あれから早1年……

 ギターの練習の記事が久しく途絶えていましたが、実はまだ続いています。

 本格的に始めて約3年が経ちました。ご多分に漏れず、仕事が忙しいなどさまざまな理由でまとまった時間がとれないという言い訳をしておりますが、とにかく毎日少しでもギターに触れることを目標にしております。なので、テレビを観たり晩酌しながらの「ながら練習」となってしまっている感は否めません。

 最近の練習時間は1日大体30分程度です。

 2021年の途中から、これまで私の練習の師匠だったYousicianを離れ、いずれ本格的に取り組もうと思っていたFenderPlayともバイバイしました。

 Yousicianの元を離れたのは、自分のギターの音を録音して聞いてみたところ、あまりにもひどかったためです。Yousicianの伴奏で何となく弾けているつもりになっているだけだったことに気づき、このままではと思い、最後のレベルに到達しないまま離れることにしました。そういうわけで一旦お別れしますが、レッスン動画に日本語字幕がつくようになるなど、着実に進化していたYousicianの今後の動向にこれからも注目していきたいと思います。

 FenderPlayの方は、そもそも日本で正式にサービスを展開しておらず、スマホアプリが使えないことに加え、Web版ではタブ譜が自動スクロールしないので見にくいといった問題もあり継続しないことにしました。Fenderにはせっかくのリソースをもっと上手く活用してほしいものです。

 では最近は何をやっているかと言いますと、そろそろ弾きたかった曲に挑戦してみようということで、The StrokesやBarbeeboysなど何曲かタブ譜を見ながらペケペケ弾いています。よくわからないなーというときは、Rocksmithで確認しています。Barbeeboysのバンドスコアはそれこそ3年前くらいにヤフオクかなにかで結構なプレミア価格で手に入れたもので、ようやく日の目をみる日がやってきたといったところです。

 基礎トレは、「60日間ギターサーキットトレーニング」を少しずつ進めています。突然難易度が上がったりするので、この教本が良書かどうかは微妙なところですが、「60日間」で終わるみたいだしお試しでやってみるかと軽い気持ちで始めて、当然のように全く60日では終わっていないという状況です。リットーミュージックの教本シリーズはAmazonのKindleUnlimitedに加入していれば無料で読めるので、何がいいかなーと迷ったら、まずはKindleUnlimitedに加入して物色してみるのもいいかと思います。

 アンプなどの機材に気を取られるステージも過ぎ、今ある機材を一生使っていこうと気持ちも固まりましたので、2022年もマイペースにギターを続けて行こうと思います。今年は定期的にレッスン日記もアップしたいと思っています。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。皆さんの感想も教えてください!
 もしよろしければ、twitterアカウント(@TBasco_JP)をフォローしてください。ツイートで更新をお知らせしています。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする