ぼっちギターレッスンリポート 2022.1(BOSS JS-8は便利ツールだった!)

 年明けかと思えば、あっという間に1月も終わり。関東地方は1日だけ降雪に見舞われましたが、それ以外は大体寒くも穏やかな冬晴れの日が続きました。今年は何となく惰性でやりとりしていた年賀状を一旦リセットをしたくなり、失礼を承知ながら年賀状を1枚も出さず、来年からは今年年賀状をいただいた方にだけ送ることにしました。

 さて、ギターの方ですが、毎日少しずつ「60日間ギター・サーキット・トレーニング」を最初からやり直しています。前にも書きましたが、もちろん1日の練習時間が30分足らずでは「60日間」で終わるはずがありません。昨年まではYousicianをツールに練習していましたが、今年は自分の音を録音して確かめながら進めることにしました。やはり伴奏なしでメトロノームオンリーで自分の出した音を聴くと、かなり落ち込むレベルの酷さです。それでもここまで3年間が無駄だったとは思いません。最初のうちは、ピックは指からすっぽ抜けて飛んでいく有様だったことを考えれば、牛歩の如きペースかもしれませんが前進していると思います。それに何といっても毎日ギターに触る習慣ができました。やっぱり最初のうちは背伸びをせずに楽しむということが大切です。

 この練習方法で俄然活躍しだしたのが、以前中古で10,000円ほどで購入したBOSS JS-8です。ギターを練習するのに必要な機能がオールインワンにまとめられた機器で愛用者も多いようです。CDなどからコピーした音源の再生、エフェクター、ギターの録音、チューナー、メトロノーム、USBメモリを経由して録音データの吸出しといったところでしょうか。正直これがあればアンプもエフェクターも入りません。最新型はJS-10で、JS-8はWindows7か8までしか正式に対応していません。ネットで調べた方法でWindows10にドライバをインストールして使っていましたが、うっかりWindows11をクリーンインストールしたらドライバが弾かれてしまいました。実際のところは、ほとんどスタンドアローンで使うのでPCに接続できないとどうにもならないというものでもありません。JS-10も発売から10年近く経っており、BOSSの公式サイトではWindows11対応は「テスト中」となっていました(2022年1月時点)。

f:id:Ta-Basco:20220206170726p:plain
BOSS JS-8

 1月末での進捗状況は「60日間ギター・サーキット・トレーニング」の6日目まで。頑張ろう!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする