Yousician始めてから6か月経過後の雑感

(注意)ギター超初心者の感想です。

 Yousicianでレッスンを始めて6か月が経ちました。

ここがよかった

 一番の利点はきちんと弾けているかどうか、チェックしてくれるところです。iPadを使っているのですが、和音のときに、構成音の1つがきちんと鳴らせていない場合も正確に判別してくれているようです。この点が、独学で一番ありがたいところです!

 また、最初のうちは画面に合わせて音を出しているだけの感じで演奏している感じがあまりなかったのですが、数ヶ月経って、自分で演奏していると感じられるようになりました。これはYousicianがどうというよりも、楽器の基礎練習というものは大体そんなものなのでしょうね。

いずれできる?

 Gコードから始まって、数々の指のアクロバットを要求するのがギターという楽器だと、つくづく思います。教本を見ても「隣りの弦を押さえない」とか、できるわけがないことを平然と書いてあります。それでもやっているうちにできるようになるのが不思議なものです。まだまだできないことの方が大半ですが。

 できるようになるきっかけは自分でもよくわからないのですが、指の力が少しずつ向上しているからかなぁと思ったりします。つまり、今日はできなくても明日か明後日か・・・1週間後には、と思って練習すれば、いつしかできるようになるのかも、だから今日できなくてもいいんだと自分に言い聞かせています。

 くじけそうになったら、Gコードをかき鳴らすとか、今自分にできることをして誤魔化してます(笑)。

いずれ使う?

 使用しているアンプは、FenderMustangI(V2)です。いろいろなアンプをシュミレーションすることができるので、これ1台で多様な音を出すことができます。しかし練習するときは、シンプルなクリーン音がいいので、結局いつも使う音は同じだったりします。

 きっと上手になって自由に演奏できるようになったら、このアンプのツマミをいじって、いろいろな音を楽しめるようになるんだろうなーと思いつつ、毎日練習しています。というわけで、エフェクターなどという上級ツールを使うようになるのは、まだまだ先になりそうです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする