ようやく分かりかけてきた、指先で押さえるということ

  「弦は指先で押さえるように」と教本には書いてあります。

 そのつもりでやっていても、なんとなく指の腹と指の先の中間辺りで押さえてしまう傾向がありましたが、最近、ようやく指先で押さえるということが意識できるようになってきました。左手が弦の位置を少しずつ覚えてきたからできるようになるんだと思っています。初めからできる人もいるのだろうけど、弦の位置を感覚的に把握できないうちは、ピンポイントに狙っても、大体押さえそこなってしまいますからね。

 ということで、多分、最初のうちはできなくても、「そんなことできねーよ」と開き直ってもいいような気がします。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする