スケールが難しい

 Yousicianでスケールを教えてもらったのだけど、何となくピンとこないので、ロックギター入門で調べたところ、的確な解説が…。

 スケールとは、CDEFGAB(ドレミファソラシド)のような音の配列のことをいいます。

 なるほど。

 Cから始めるのがCメジャー、Aから始めるのがAナチュラル・マイナー・スケールです。

 Aメジャーとは言わないんですね。

 Aナチュラル・マイナー・スケールの7番目の音(G)を半音上げたスケールをAハーモニック・マイナー・スケールといいます。

 ちょっとこんがらがってきました。

 Aハーモニック・マイナー・スケールの6番目の音(F)を半音上げたスケールをAメロディック・マイナー・スケールといいます。

 すみません、詰みました…。

 ここまででスケールの解説は終わっているので、教えてもらった数少ないスケールを練習してみようと思います。

 このサイトも勉強になりそうですね。昔読んだときはチンプンカンプンでしたが、またチャレンジしてみます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする