タグ: ケネス・ロナーガン

自分を責め続けることでしか、自分を赦すことができない [マンチェスター・バイ・ザ・シー]

 ボストンで便利屋として独り働くリー・チャンドラー。家の修繕、雪かき、ゴミ捨てを繰り返す毎日。そんなリーの元へ故郷マンチェスターの病院から電話が入る。兄のジョーが亡くなったのだ。 ジョーは鬱血性心不全で余命が5~10年と診断されていた。目立った症状がないまま進行し、やがて突然死が訪れる病気だった。そして遂に最後の時が訪れたのだ。
 知らせを受け、リーはずっと避けていた雪解け間近の故郷を訪れた。そして、残された一人息子のパトリックにジョーの死を告げる。最後に見た時、まだ幼かったパトリックは高校生になっていた。
 ジョーの遺言を弁護士から知らされたリーは動揺した。ジョーはリーが故郷に戻ってくることを前提としてパトリックの後見人に指名していたのだ。リーはこれに強く抵抗した。故郷に帰れない理由があったのだ。
 かつてリーも故郷で妻と3人の子供と暮らしていた。しかしまだ若かったリーは、ドラッグや酒をやりながら仲間たちと馬鹿騒ぎをする生活を止められなかった。ある日、いつものように馬鹿騒ぎをした後、火の不始末で火事を起こしてしまい3人の子供を焼死させてしまった。なんとか逃げ出した妻からは激しく罵倒された。取り返しのつかない過ちを犯したリーは故郷を去ったのだった。